痛風の薬は3種類ある

3を表す手の画像

痛風発作を効果的に治す方法は薬物を使った治療法です。
痛風は4段階に分けることができ、それぞれに合った薬物治療法を行うことが大切です。

まず、足の親指の違和感など痛風の前兆を感じた際には、「コルヒチン」と呼ばれる薬を服用します。
コルヒチンは紀元前から痛風の治療に使われてきた薬で、発作前に飲むことで発作が起きるのをくい止めてくれます。

痛風発作の痛みを抑える薬として、非ステロイド系抗炎症薬が使用されます。
非ステロイド性抗炎症薬は、すでに痛風発作が起こっている状態で飲むと関節の炎症が軽減されて痛みが落ち着きます。

痛風の根本的な原因を取り除くには尿酸値を下げる必要があるのですが、この役目を担うのが尿酸降下薬です。
尿酸降下薬には2種類存在し、1つが尿酸産生過剰型、2つ目が尿酸排泄低下型です。

尿酸産生過剰型は肝臓で尿酸が作られる時に働く酵素の作用を妨げる効果を持ちます。
一方で尿酸排泄低下型は腎臓の尿管に作用して尿酸の排泄を促進する働きを持つのです。
ザイロリックに含まれる有効成分アロプリノールは、尿酸産生過剰型に入ります。

アロプリノールは尿酸降下薬の中でも効果が高い成分ですが、副作用も比較的多いとされています。
ザイロリックは安全性の高い薬と評価されていますが、重い副作用が生じた際には病院を受診するようにしましょう。

ザイロリックは通販サイトで簡単に購入できる海外医薬品です。
お悩み宅急便と呼ばれる通販サイトは低価格で販売していますし、注文から発送までのスピードも速いため、お薦めです。

通販サイトの中には詐欺を働く業者もいるようですが、お悩み宅急便は信頼性の高い通販サイトですので、ザイロリックを購入する際にはぜひご利用ください。