ありがとう、ザイロリック!痛風の薬です。   >   日本には痛風なんてなかった

日本には痛風なんてなかった

日本の画像

平成23年に厚生労働省が発表した統計によると、日本国内での痛風患者は11万4千人、痛風予備軍はその50倍以上にも及ぶそうです。

痛風は日本でもよく耳にする生活習慣病になってきましたが、昔は日本で痛風患者はいないに等しかったようです。

ではなぜ、日本で痛風を患う人が増えてきたのでしょうか。

痛風は欧米の病気だった

痛風は古代ローマ時代からすでにあった病気であることが、歴史的な資料から分かっています。
「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスが、「母趾痛風」や「手の痛風」、「膝痛風」という風に記載しているのです。

昔の日本では痛風はほとんど知られておらず、日本に医学を広めたことで有名なドイツ医師のエルヴィン・フォン・ベルツ氏が、自身の記録に「日本には痛風がない」と記載しています。

戦後、痛風患者が増加

日本では戦後の経済成長に伴い生活が豊かになってきたことで、痛風患者が増える一方です。

要因として、食の欧米化が進み、いままで米などの和食中心の食生活からお肉など多彩な食事を嗜めるようになってきたことが挙げられます。

また、お酒もひとつの要因であり、ビールなどお酒を飲む機会が増えてきたことで痛風になりやすいのです。

生活が豊かになるにつれ、ストレスも増えてきました。
ストレスが暴飲暴食や女性ホルモンの乱れを生み出し、痛風患者を増やしていると言っても過言ではないでしょう。

ザイロリックは日本にも広まっている

痛風治療でよく使用されているザイロリックという薬は、痛風の引きがねになる尿酸値を理想の値まで下げてくれます。

最近は通販サイトでも販売されているので、わざわざ病院に行かなくともザイロリックが手に入るようになっています。
痛風にお悩みの方は、ザイロリックを通販サイトで購入すると良いでしょう。