痛風を克服した人の画像

日本には痛風なんてなかった

日本の画像 かつて日本には痛風を知る人はほとんどいませんでした。しかし、戦後の経済成長に伴って生活が豊かになり痛風患者が増えるようになりました。現在、日本では11万人以上の痛風患者がいます。

記事を読む>>>

高尿酸=痛風ではない

注射の画像 痛風は高尿酸血症という病気を経て発症するものですが、高尿酸血症になったからといって必ずしも痛風を発症するとは限りません。痛風を予防するためには、高尿酸血症を早期に治療することです。

記事を読む>>>

痛風発作中のザイロリック

膝の画像 痛風発作中はザイロリック(尿酸降下薬)を使用してはいけません。尿酸値の急激な下降により、さらに強い痛みが走ることがあるからです。痛風発作中は、鎮痛剤で症状を和らげるようにしましょう。

記事を読む>>>

痛風の薬は3種類ある

3を表す手の画像 痛風の薬は3種類あり、それぞれ適切な段階で使用することで痛風を効果的に治すことができます。そのうちザイロリックは尿酸降下薬に分類され、痛風の根本原因を解消するのに役立ちます。

記事を読む>>>

痛風は一生涯治療が必要?

カルテの画像 痛風は一生治らないと言われていますが、それには2つの要因が挙げられます。遺伝と体質が原因の場合は、痛風を改善するのはかなり難しいのです。痛風を効果的に治療するには薬物治療がお薦めです。

記事を読む>>>

ザイロリックで痛風を克服

痛風は血清尿酸値が異常に高い状態が長期間続くことで、関節に尿酸が溜まり、それが何かのきっかけで一気に溶け出すことで起こる病気です。

日本では患者数が増える一方で、最近では女性や若者にもみられるようになりました。

痛風は辛い関節炎を伴う腫れが何日も続きます。
場所は足の親指を始め、ひじやひざなど身体中の関節が痛くなるのです。

10日ほど経つと症状は治まりますが、放置しているとかなりの確率で再発してしまいます。

痛風を引き起こす要因としては、生活習慣の乱れがあります。
食の欧米化が進んだことでお肉やファストフードを食べる機会が増えましたが、これらにはプリン体が多く含まれています。
ビールなどのお酒も飲むことが多くなった現代人は、無意識のうちにアルコールから大量のプリン体を摂取しています。

ストレスを感じすぎるのも痛風が起こる原因のひとつです。
女性は女性ホルモンの作用によって痛風にかかりにくい体質なのですが、近年ストレスによって女性ホルモンのバランスが乱れ、痛風にかかってしまう女性が急増しています。

このように、痛風には色々な要因があるのですが、どの要因にも共通して言えるのが高い尿酸値なのです。
食生活やストレスなどで血中の尿酸値が高くなりすぎると、尿酸が関節に溜まっていき結果痛風を引き起こします。

痛風は尿酸値を理想値まで下げることで改善されますが、それを手助けしてくれるのがザイロリックと呼ばれるお薬です。
痛風の治療現場ではあたり前のように使用されているザイロリックは、下記の通販サイトで海外から購入することが可能です。
「ザイロリックの通販 | 海外医薬品の通販 -【お悩み宅急便】」

おまとめ買いも可能で、プライバシーに配慮した発送なので安心して取引できるでしょう。